ネズミ駆除をする時の注意点

家にネズミが出た場合、毒えさを撒いたり粘着シートを床に設置するなどしてネズミ駆除をすることになりますが、ペットや子供がいる家の場合は、ねずみにとって有毒である毒えさは人間や動物などにも有毒ですので、床に毒えさを撒いてしまうと子供やペットが誤って口に入れてしまう危険があるので、注意して使用する必要があります。ネズミ駆除用に市販されている毒えさには、人体への影響が低いと言われている薬品もありますが、子供やペットが誤飲や誤食してしまうと危険なものとなる場合もあるので、毒えさを置く部屋を決めてから他の部屋に置いている食品などを冷蔵庫などに入れてネズミに食べられないようにしてから、毒えさを置くことで、ネズミを毒えさのある部屋に近づくようにすることが可能です。

コトバンクの情報はここで調べよう。

毒えさを設置してネズミを駆除した後でも、床に毒えさが散らばってしまっていることがありますので、清掃業者などに依頼して部屋を清掃してもらうことで、子供やペットが毒えさによる誤食をする事態を避けることができます。



また、粘着シートでネズミ駆除をする時には、粘着シートを設置した部屋にペットや子供が近づかないようにする必要があり、粘着シートには強力な接着剤が塗られているので、ペットがハムスターやモルモットなどねずみの仲間である小動物が引っかかってしまうと、引き剥がすことができないこともあり、最悪死んでしまうこともありますので、予想外のところに粘着シートが落ちていないか、部屋の隅々まで確認したほうがいいかもしれません。